日記の最近のブログ記事

太陽の動向が少しおかしいって知っていますか?

地球環境に変動?太陽北極域で異例の磁場反転

 宇宙航空研究開発機構の太陽観測衛星「ひので」が、太陽の北極域で磁場が反転し始めた様子を観測することに成功した。

 太陽の北極、南極の磁場は約11年周期で反転することが知られているが、今回は予想時期より2年も早いうえ、南極域では反転が見られないなど異例の様相を呈している。地球の環境変動につながる恐れもあるという。

 ひのでは7月31日、マイナス磁場(S極)だった太陽の北極域で、プラス磁場(N極)が増えていることを発見した。数か月で反転が完了する。磁場の反転は太陽表面の爆発など活動が活発になる極大期の2年後に予想されていた。

 磁場の反転と、太陽の黒点数増減の周期は、通常約11年で一致していたが、2009年初頭まで続いた黒点の周期は12・6年に延びた。活動周期が延びる時期は、地球が寒冷化することが知られている。研究チームの常田佐久(つねたさく)・国立天文台教授は「観測されたことのない事態だ。地球環境との関係を調べるため、太陽活動を継続的に監視していく必要がある」と話す。

(2011年9月2日  読売新聞)

表題のとおり、父方のお祖母ちゃんが亡くなりました。
4月16日享年90歳、大往生だったと思います。

こんなこと、ブログ書くことじゃないだろうと思いながら、つい筆をとってしまいました。
めったに書くことがないだろう、家族についてです。

僕のバックグラウンドに興味のあるひとだけ、ちらっと目を通していただければ十分なつもりで書いています。
(ですので更新情報も発信していません)

思い出話にお付き合い下さい。

磁気嵐って知ってますか?

巨大太陽フレアの磁気嵐がくる! 18日正午頃からが峠

、ということで、磁気嵐が吹き荒れています。
え?何のことかって?磁気嵐です。磁気の嵐です。

こちらに太陽フレアとして説明が書かれていますが、要約すると

“太陽で常に起きている爆発による影響で、地球の磁気が乱れるという現象”

と、ざっくり説明とさせてください。
そしてその嵐が、今現在、地球に降り注いでいるのだ、という。

ちなみにこの太陽フレアに関しては、マヤ文明から端を発した2012年世界滅亡論にも利用されるほど、大きなダメージが有ると考えられています。(この件に関しては、別記事を書きたいと思う)

カテゴリ

RSSフィード

応援してます!


神蔵守
僕の親友のギタリストです。

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは既存のWEB Service考です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。